Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement

統計

メンバー: 3
ニュース: 122
ウェブリンク: 0
訪問者: 417023

オンライン状況

2005/1/27 がんばれSafaTempo!

Image Image Image 

ネパールの首都カトマンズでは、昭和40年代の急激な工業化が進んでいたかつての日本同様、工場や大量の車から排出される有害なガスや粉塵による大気汚染が深刻なレベルに達しています。この大気汚染問題の一つの解決策として諸外国からの協力により導入されたのが10人乗りの三輪電気自動車『Safa Tempo:サファテンプー』です。

サファーテンプーはカトマンズ市内の種々の固定ルートで600台程度の車が市民の足として活躍しています。しかし、このSafa Tempoには、高額なバッテリの交換費用の捻出という大きな経営問題があります。そこで、KEVA(Kathmandu Electric Vehicle Alliance)を始め現地の研究者などによって種々の調査分析が行われ経営環境の改善に向けた提案が行われています。

我々EVプロジェクトは、2004年1月からこの問題に取り組み始め、今回KEVA、Tribhuvan大学、WET(P)Ltd.、そしてOSUによる共同プロジェクトを始めることになりました。今年の2月からはカトマンズ市内を大阪産業大学のSafa Tempoが走り出す予定です。カトマンズからいつでもヒマラヤの雄姿が見られる環境を取り戻すためのプロジェクトに注目して下さい。産大号の近況を随時このHPで紹介していきますので楽しみにして下さい。

 
< 前へ   次へ >